医療脱毛を受ける時の注意点って?

『医療脱毛を受ける時の注意点って?』

 

医療脱毛は、エステサロンで使われる光脱毛に比べて強力です。それだけに使用するのが医療機関に限られているわけです。万一のトラブルの時には医師もいますので、すぐに対応はしてもらえるでしょう。

 

が、トラブルを招かないように自分の方でも気をつけておくのが鉄則でしょう・

 

トラブルで最も心配されるのがやけどです。

 

医療脱毛では皮膚の外からレーザー光線をあてて、そのエネルギーで毛根や毛母細胞を焼きます。

 

このためには皮膚の表面はレーザー光をすり抜けさせる必要があります。日焼けで色が濃くなっているとそれができなくなります。

 

また、同じ理由からアザやホクロのある部分もレーザー光の照射はできません。承知しておきましょう。

 

また、妊婦は脱毛の施術の契約を断られるのが一般的です。レーザー照射自体が胎児に悪影響を与えるわけではありません。が、施術がストレスとなりどんな影響を与えるかわからないので、用心しているのです。

 

もう一つ、妊娠中は普段とホルモン分泌も変わりますので、施術の効果が計りきれないという事情もあるようです。

 

同じ理由から生理中は予約を先延ばしにされるでしょう。

 

また、トラブルというわけではありませんが、施術を受けている期間は毛抜きなどでの処理はやめておきましょう。

 

これはレーザー脱毛の仕組みを思い出せば分かることです。毛根がないと、レーザー光のエネルギーを受け止めることができないのです。つまり施術が無駄になります。

 

また、施術を受けた後のお肌は数日は特にダメージに気をつけましょう。サウナや直射日光は厳禁です。