医療脱毛ってクーリングオフできるの?

『医療脱毛ってクーリングオフできるの?』

 

美容関係の施術でよくトラブルに成ることに、料金があります。

 

一部のエステサロンとはいえ、かつてはかなり強引な契約の取り方もあったようです。

 

街角で勧誘し、ちょっと興味をもった人間を強引に店まで連れて行く。そこで「ハンコを押すまで帰してくれないと思った」というほどしつこく契約を迫る……なんてこともありました。

 

また、すでに通い始めているお客に、必要のないようなほかのコースまでススメて、無理やり契約を取る……なんて話も聞かれます。

 

あまりにこういったことが多かったので国が美容の世界にも導入したのが、「クーリングオフ」です。

 

これは「契約してから8日以内」などの条件さえ満たしていれば、無条件で契約を破棄できるものです。その際には「なぜ破棄するのか」の理由も提示する必要さえありません。消費者のためにある制度と言っていいでしょう。

 

が、注意が必要です。消費者の側からすれば、ほとんど同じようなものなのに、医療機関には適用されないのです。

 

「美容外科」「クリニック」などで行われている医療脱毛もこの適用外になります。

 

相手が良心的な医療機関であれば、受けた分の料金だけを計算して、あとは変換してくれる可能性もあります。

 

が、一般的には「施術を受け始める前に契約を破棄する」、あるいは「通い始めたが途中でやめる」となるとかなり難しい交渉事になるでしょう。

 

こういった場合は、まずは消費生活センターなどに相談して見るようにしましょう。